「自分の役割」とは何か。

「自分の役割」とは何か。

2011-01-30

こんにちは、沖野元です。 ブログというのは写真中心のほうがわかりやすくて 読みやすいと思うのですが、 たまには文章中心に書いてみたいと思います。 最近私がよく考えることがあります。 それは「役割」ということについてです。 本当にこの歳になってやっとわかってきたという感じです。 (ちなみに年齢は企業秘密です・・・もう知ってる人も多いですが) どういうことかというと 自分が必要とされる場面がよくわかるようになり、 その場面その場面でどう動けばよいか自然にわかるようになったのです。 しまいには自分で動いているのか、何かの大きな力で動かされているのか わからなくなるときもあります。 これは損得で生きていたらとてもできないことばかりです。 どうして自分がこういうところに立っているんだろう。 どうしてこういうことをしているんだろう。 どうしてこんな人を助けているんだろう。 とその時はおもいましたが、今考えれば それはすべて「役割」です。 それでこの役割をきちんとこなすことは 自分にとって何よりも快適なことだと思うようになりました。 本当に不思議なのですが、自分の役割をこなすことが 自分にとって最も自然なことであり、何かと一体になっている感じがするのです。 もう少しわかりやすく言いますと、 理屈ではAの動きをしたほうがよいにもかかわらず 自分の感性や体がBの動きを求めているのです。 そして私は後者に従います。 それが正解だったことは後でわかります。 まだまだ自分の中で理解しきれていないことですが、 書くことで少しすっきりしました。 皆さんは、こんなことってないでしょうか。



PAGE TOP



株式会社リーシングジャパン
〒150-0045 東京都渋谷区神泉町3-4
コーポエーデルワイス201




MENU

CONTACT
HOME