シックハウスに関して思うこと。

シックハウスに関して思うこと。

2006-01-14

少し間が空いてしまいました。いろいろあってシックハウスのことなど考えるだけで嫌だという気分になっていました。
実はある方からいろいろなアドバイスをいただいたのです。悪気はないと思うのですが、半ば強引に今回のことが私にとっての「転機」であり、「仕事」としてやるようにとのことでした。そして「あなたには信念が足らない」とも言われました。私はアドバイスはありがたいが、人から強制されることでもない、と反発していました。
私のこのシックハウスに関する問題提起は、「自分がシックハウス症候群になってしまった」「なんとかしたい」という自然な感情から出てきたものです。また、信念というものは自分の内側から出てくるもので誰かに言われて出るものでもないと思います。そう言われて自分の気持ちがぶれてしまうこと自体、私にはそれほど信念がないのかも知れません。でも、私は無理にでも自分の気持ちを高ぶらせて信念を持とうとか、仕事として一生やっていこうとはどうしても思えないのです。従って今は自分のできる範囲で「シックハウスアドバイザリーサロン」というものを作ってシックハウスに関する相談にのっている程度です。
私は現在不動産業に従事しています。シックハウスというのはかなり関連性があります。そういった中、健康な建材やリフォーム、建築などは興味のある分野であり、これからも研究を続けていきたいと思います。ですから、私は誰からも強制されることなく、自分の自然な感情で、自分のペースでこれらのことをやっていきたいと思います。



PAGE TOP



株式会社リーシングジャパン
〒150-0045 東京都渋谷区神泉町3-4
コーポエーデルワイス201




MENU

CONTACT
HOME