シックハウスの原因となった部屋のその後

シックハウスの原因となった部屋のその後

2005-09-25

シックハウスの原因となった部屋については既にその対策リフォーム済みで、施工後の空気測定調査では規定値を下回った結果が出て問題はないと以前書きました。
大家さんと相談してこの部屋を通常の賃貸に出すことにしました。ただ、入居希望者には事実をそのまま話し、理解して入居していただくことが大切です。賃貸借契約の前に必ず行われる重要事項説明書でそのことを説明し、説明を受けたことの署名捺印をいただくのです。
幸い入居希望者は募集してすぐに見つかりました。2~3人の小規模の事務所として使用したいとのことでした。私はその社長さんに事の経緯を説明し、理解をいただきました。それで契約していただいたのですが、その際の使用細則には特に換気の必要性などを付け加えました。
その会社には6ヶ月近く経った現在も何の健康被害もなく借りていただいています。



PAGE TOP



株式会社リーシングジャパン
〒150-0045 東京都渋谷区神泉町3-4
コーポエーデルワイス201




MENU

CONTACT
HOME