シックハウス対策リフォームの効果

シックハウス対策リフォームの効果

2005-09-05

結局今回行ったシックハウス対策リフォームは前々回に書いた記事の中の1・2・4番でした。3の玄関ドア交換については十数万円の費用と数週間という期間がかかるため1と2を行った時点で空気測定調査を行い、その結果を見て判断することにしたのです。空気測定調査の結果はすべての化学物質において規定値を下回っていたため今回のシックハウス対策リフォームは効果があったということです。従って3と5は行わないことになりました。
特に2の換気扇の設置が有効だったと思います。これは私がシックハウスについていろいろと調べているときにヨーロッパのある研究室では床から30センチのところに換気扇が設置してあるということを知ったのです。トルエンなどの化学物質は空気よりも重いためこれは筋が通る話でした。今回も床から15センチのところにそれぞれ吸気と排気のための換気扇を設置し、何日か換気扇を回して床にたまった空気を動かしてから空気測定を行ったので良い結果出たのだと思います。
ただ、それでも私は一度シックハウス症候群になってしまったために、その部屋に戻るのは気が進みませんでした。またなったらどうしようという不安がどうしてもぬぐえないのです。私の状態は友人の事務所に避難してからはかなり良くなっていましたが、まだ油断はできませんでした。かといってこのまま友人の事務所で暮らすわけにもいかないので新しい引越し先を探すことになったのです。



PAGE TOP



株式会社リーシングジャパン
〒150-0045 東京都渋谷区神泉町3-4
コーポエーデルワイス201




MENU

CONTACT
HOME