シックハウス症候群よりさらに恐ろしい「化学物質過敏症」の症状

シックハウス症候群よりさらに恐ろしい「化学物質過敏症」の症状

2007-03-27

このブログ今年初めてになってしまいました。読者の皆様すみません。

 さて、最近はテレビでもシックハウスを取り上げる番組が増えて良い傾向だと思います。私はシックハウス症候群になってしまう環境というものはその症状が出る出ないに関わらずすべての人に悪影響があることは間違いないと思います。ですから症状が出ていないからとりあえず大丈夫だというのが一番危ないことだと思うのです。そういった人でもコップの水がいっぱいになるように体の中に有害な化学物質が溜まっていって、そして溢れたときにまずシックハウス症候群の症状が表れるのです。さらにそれが進行していったものが「化学物質過敏症」です。
私は今までは軽度の「化学物質過敏症」の患者さんと接したことはありましたが、先日のテレビ東京の「ガイアの夜明け」という番組を見て愕然としました。本などで重度の方のの症状がひどいということは知っていましたが正直ここまでとは思いませんでした。
何しろ症状が出ると立てない、歩けない、家の中に居られないという・・・。
私はこれを家を作る人、リフォーム業者、またそれらに関わっているすべての人達に知ってほしいと思います。そしてその人達にこう問いたいのです。
「あなたはそれでもまだ化学物質入りの建材を使いますか?」と。



PAGE TOP



株式会社リーシングジャパン
〒150-0045 東京都渋谷区神泉町3-4
コーポエーデルワイス201




MENU

CONTACT
HOME