行きすぎた自粛を自粛せよ

行きすぎた自粛を自粛せよ

2011-03-14

沖野元です。 今回の震災で被害にあわれた方には心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。 大変な震災の影響が広がっていますね。 ここ東京でもわけのわからない自粛ムードが広がっていて ツイッターなどでも今までになかったような応酬が続いています。 私は「自粛」には反対ではありませんが、それを他人に強要したり すべてを「自粛せよ」的な意見には強く反対します。 「自粛」は各人がそれぞれ自分で考えて、 したい人はすればいいし、したくない人はしなくていい、と思います。 たとえば東京がすべてを自粛してしまうと、ただでさえ委縮している経済の 立て直しにより時間がかかってしまうことは間違いないでしょう。 つまり、経済が回っていかないんです。 ですから自然体、普通でいいと思います。 私は今日、仕事帰りにスーパーに行くとすでに閉店していました。 また別のスーパーに行くと、ほとんどの主要な食料品が売り切れていました。 気分転換にジムに行くと、震災の影響かなにかで1週間休むとのこと・・・。 会員である私には何の連絡もなし。 どうしても気分転換したかったので本でも買おうかとブックオフに立ち寄ったら そこも節電のためとかで18時で閉店していました・・・。 節電はわからなくもありません。 私もなるべくそうしています。 しかしすべてのお店などが早く閉店すれば逆に困る人も多く出てくるでしょう。 ましてやスポーツジムが1週間休館するのは理解に苦しみます。 健康維持のためジムに行ってはダメでしょうか? 過剰な自粛はかえって危険です。 節電もすべてがやる必要があるでしょうか。 経済を一刻も早く正常に戻すためにも「行きすぎた自粛を自粛すべき」だと思います。



PAGE TOP



株式会社リーシングジャパン
〒150-0045 東京都渋谷区神泉町3-4
コーポエーデルワイス201




MENU

CONTACT
HOME